30代女性が住みたい街「荻窪」で物件探しをしました♪

荻窪30代一人暮らし、北口と南口徹底比較

一人暮らしをする際に駅選びも重要ですが、どの出口周辺に住むのかも大切になってきます。荻窪駅の北口と南口の比較をしてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

荻窪駅の出口の特徴は?

荻窪駅は駅としての出入り口は北口と南口になっていて、街も北に広がるエリアと南に広がるエリアで少し雰囲気も違います

駅の改札口は西口と東口になっていて、西口改札は2階、東口改札は地下が入り口になっているのが特徴的です。丸の内線を使うためには、西口の場合は駅を挟んで南からでないと降りられないような構造に。

新しさのある北口

北口には駅に直結してルミネがあり、その隣にはショッピングセンター「タウンセブン」がつながっています。タウンセブンの前身は荻窪新興マーケット。戦後、食料を求めて人が集まった闇市です。時代とともに賑やかになり商店街となって、タウンセブンとなったのは1981年。現在は110の専門店が入っており、長きに渡って荻窪の人たちの生活を支えています。

駅前はバス停などが並ぶロータリーになっていて、その先には青梅街道が通っているので交通量も多く、道路沿いには銀行やオフィスビル、大手チェーンの店が並ぶなど、比較的新しい街の印象が。居酒屋やラーメン屋なども多いので活気のある雰囲気が印象的です。青梅街道を渡ると、すぐに住宅街が広がっています。

昔ながらの商店街&邸宅の南口

南口は昔ながらの商店街がいくつもあって、ちょっと下町の印象があるのが魅力です。どの商店街も規模は小さいですが、古いお店と新しいお店が同居していて和やかな雰囲気があります。商店街をすぎると閑静な住宅街が広がります。邸宅と呼ぶ方がしっくりくる住宅が並ぶ素敵な街並みです。

多くの文化人が移り住み、居を構えたことから「西の鎌倉、東の荻窪」と呼ばれていたという面影が残っています。与謝野公園(与謝野鉄幹・晶子夫妻の屋敷跡)や角川公園(角川書店創設者・角川源義の屋敷跡)などのように公園として整備されていたり、建物が登録文化財指定されていたりします。特に南荻窪3丁目、4丁目あたりは古くからお屋敷街といわれた中心エリアです。

荻窪の自転車事情

気に入った物件が駅から少し遠い…。そんな時は自転車の出番です。荻窪駅周辺の有料駐輪場は北口側に6カ所、南口側に2カ所。だいたい200メートルくらい離れた場所にあります。

定期利用か1日利用があって、1日利用は100円。平日は朝8時半くらいには満車になってしまうよう。自転車を使うのであれば必ずチェックしておくべきポイントといえるでしょう。最近は増設されて緩和している駐輪場もあるようです。

荻窪駅は北口と南口でだいぶ雰囲気が異なります。物件を選ぶ際は両方の出口の特徴を把握していると、住んだときにズレがないはずです。

活気と静かさ、両方の雰囲気を併せ持っている荻窪はおすすめの街といえます。一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

荻窪賃貸を探す30代独身女性におすすめ不動産会社はこちら

荻窪で30代女性がこだわり物件を実際に探してもらいました!

詳細はこちら
管理人Profile
管理人 moris

通勤に便利というだけで住み始めた荻窪にすっかり惚れ込み9年目、3軒目の賃貸です。

morisのGoogleローカルガイド